チャンネル

複数チャネル

ビジネスやウェブサイトの異なる側面を管理するために複数のライブチャネルを作成します。顧客サポートやリード生成などの特定のニーズ、またはイベントや募集などのウェブサイトの領域をカバーするためにチャネルを割当ます。

カスタマイズ

ライブチャットチャネルボタンとウィンドウを色とコンテンツのデフォルトでカスタマイズし、御社のブランディングとアイデンティティに最適にマッチさせます。

ウィジェット

ライブチャットは、簡単な統合によってOdooのウェブサイトに追加することができますが、埋め込み可能なウェブサイトウィジェットを使用してサードパーティ(非Odoo)のウェブサイトに追加することもできます。

訪問者情報

チャット要求を送信

現在のウェブサイト訪問者のリストを表示し、パーソナライズされたチャットリクエストを送信します。

最近のページ/プロダクトビュー

サイト訪問者のニーズや経験をより深く理解するために、サイト訪問者が最近閲覧したページやプロダクトのリストをご覧下さい。また、訪問者がサイトを訪れた回数も確認できます。

レポート

セッション履歴

トランスクリプト、参加者、日付、時間、評価など、全てのライブ チャット会話の詳細な履歴にアクセスできます。

セッション統計

会話のインタラクション率、継続時間、成功率などを追跡します。 “セッション未評価”、“訪問者が匿名”、 “訪問者が満足している”など、さまざまな指標を使用してレポートをカスタマイズできます。

オペレータ分析

ライブチャット担当が参加した会話数、応答に要した時間、各会話時間など、ライブチャット担当の参加とパフォーマンスを測定します。

顧客評価

提供されたコメントを含む、ライブ チャット会話からの顧客評価を表示します。ワンクリックで会話の記録を表示します。

返信テンプレート

カスタマイズされ、事前に設定された置換を作成することで、ユーザは、最も一般的な質問やコメントなどに対する長い、よく考え抜かれた応答の代わりにショートカットエントリを置き換えることができます。

コマンド

リード

会話の情報を使ってCRMアプリケーションでリードを作成しましょう。

サポートチケット

会話の情報に基づいて、ヘルプデスクアプリケーションでサポートチケットを作成します。

チケット履歴

ヘルプデスクアプリケーションで既存のチケットを検索します。

履歴

訪問者がウェブサイト上で最近閲覧したページのリストを作成します(最大15ページ)。

ヘルプ

オペレータが行うことができる可能性のある入力タイプを含む情報メッセージを表示します。

退出

会話を自動的に終了します。このコマンドは、顧客を会話から削除したり、会話を自動的に終了させたりはしません。

コマンド

使用ケース

異なるニーズを満たすために複数のチャットボットを作成します。

ステップタイプ

チャットボットスクリプトを作成する際に、以下のステップタイプオプションから選択します:

テキスト

チャットボットが訪問者に挨拶したり、情報を提供したりします。

問題

チャットボットに質問させ、可能な回答を提示させましょう。

メール

ユーザにEメールアドレスの入力を促し、将来の参照のために情報を保存します。

携帯

ユーザに電話番号の入力を促し、将来の参照のために情報を保存します。

オペレータに転送

アクティブなライブチャットオペレータに会話を引き継ぎ、会話を続けることができます。

フリーインプット

顧客がチャットトランスクリプトに保存する情報を入力できるようにします。

リードを作成

CRMアプリケーションにリードを作成し、そこに会話の記録を保存しましょう。

チケットを作成

ヘルプデスクアプリケーションでチケットを作成し、会話の記録を保存します。

以下の場合のみ:

会話の進行が定義された一連の指示に一致する場合にのみ進行するフローを作成します。