管理

製造オーダ

製品の組み立てラインまたは手作業の組み立てを管理します。

製造指図書

製品の最終組立で必要なアイテムの生産を開始します。

バーコード

バーコードを利用して製造作業を加速化できます: ロッド・シリアル番号のスキャニング、開始・一時停止・ストップウォッチの停止、メインテナンスを要請、次の段階へ移行など。

修理注文

保証またはサービスによる商品の修理を管理します。

編集可能なMO

最初の計画にかかわらず他の製品を消費する、それらが終了したらMOを編集できるようになります。

未請求の注文

完成品を分解し、部品を回収します。

スケジュールと計画

製造計画を立てる

計画全体を明確に把握し、製造スケジュールを簡単に変更します。

製造指図書の整理

利用可能なすべての資源にアクセスし、生産計画を前もって立てます。

部品表を管理

製品の在庫状況や製造時間を追跡します。

作業区容量

MRPスケジューラを使って、各作業区の作業をOEEや容量を基づいてスケジュールします。

適応性のあるマスターデータ

マルチレベルの部品表を作成

部品表内にもう一つの部品表を設定して、他の部品表の製造部品を製造します。

オプションの工順

使用する工順に応じて生産をシークエンス化するため、製造指図書用の新しい工順を作成します。

バージョン変更

注文を作成する際に製品バージョンを変更したり、設定用のオプションを追加したりできるようにします。

キット

キット機能を使って、販売担当者は製品を組み立て用の部品を販売できます。

PLM

バージョン管理

バージョン間の変更箇所を取得して、変更を追跡します。

PLM

製品とECOのバージョン、それぞれの書類を追跡できます。同じBoMに対応する異なるECOを併合します。

設計変更

ECO向けの強力なかんばんプロセスで変更を追跡します。

ドキュメント管理

部品表と工順に直接計画書と作業指示書を保存します。

品質

管理ポイント

製造部門に対する品質チェックを自動的に発生させます。

品質検査

簡単に照合作業を使って統計的プロセスの管理を展開します。

品質注意通知

品質注意通知のかんばんビューを使って作業を整理します。

整備

予防整備

KPIに基づいて整備要請を自動的に開始させます。

改良整備

作業区制御パネルから直接改良保全を開始させます。

カレンダー

カレンダで整備作業を予定します。

統計

MTBFなどの整備統計が自動的に計算されます。

工場コントロールパネル

タブレット

各ワークセンターにタブレットを設置し、作業をより効率的に管理します。

生産記録

生産の登録、製品のスキャンー、ロット・シリアル番号。

作業指示書

作業区に直接作業指示書を表示し、オペレータに指示を出します。

さまざまな操作

商品の廃止、品質注意通知、品質検査など、全てが制御パネルからできます。

通知

変更や品質チェックをオペレータに知らせるために通知を使用します。

製造指図書の段階分け

製造指図書に段階を分けて作業指示書にリンクする:製品をスキャン、写真を撮る、品質をチェックなど。

レポート作成

追跡可能性

製造過程に使われる部品について川上追跡可能性レポートを生成します。

コスト分析

部品と製造オペレーション(工賃や材料)のコストに基づいて各製造注文のコストを追跡できます。

総合設備効率

作業区の負荷、生産性の低下を分析し、全体的な設備効率(OEE)を追跡します。