メニュー

Odoo vs TallyPrime

インド中小企業向け主要会計ソフトウェアの詳細比較

機能を見る

はじめに

今日、会計はデータ入力、帳簿、簿記、数字の計算だけに限定されるものではありません。ビジネスニーズに対応するため、時代とともに進化しています。技術の進歩、自動化、人工知能、RPA、機械学習、分析処理などにより、会計業界は劇的な変化を遂げつつあります。これは、ビジネスや業界のデジタル変革につながっています。

主な新興会計トレンドの一つは、ERPシステムへの切り替えです。ERPシステムの導入は、財務データや在庫、販売、製造などのビジネスの他の要素と会計ソフトウェアを統合する機会です。

会計ソフトは今後数年間、高い需要が見込まれます。会計ソフトは、ローカルでインストールすることも、クラウドサービスプロバイダーを通じてインストールすることもできます。

機能比較

この分析では、インド市場のトッププレイヤー2社を比較します: TallyPrime 3.0とOdoo 17です。この比較は9つの主要カテゴリーで構成されています: 一般会計、売掛金、買掛金、銀行と現金、その他業務、ドキュメント管理、分析会計/コストセンター、その他、レポーティングです。

これらのカテゴリには、企業が財務を管理するために必要なほぼ全てのものが含まれています。この比較では、各ソリューションの価格条件とユーザビリティ分析の包括的なリストも掲載しました。

Odoo


Odooは、ビジネスプロセスを管理するために世界中で使用されている優れた統合ERPソフトウェアです。CRM、販売、eコマース、在庫管理、会計、請求書作成、製造などのアプリやモジュールを備えています。

印象的なユーザーインターフェイスとモジュール構造、高いカスタマイズ性、拡張性、手頃な価格を実現。Odooのオープンソースのビジネス・アプリケーション・スイートは、業界特有の需要に対応するように設計されています。

Odoo企業版(有料)、Odooコミュニティ版(有料)、SaaSサブスクリプションプランがあります。使いやすく、非常に柔軟で、いくつかのサードパーティのアドオンソフトウェアアプリと統合することが可能です。中小企業から大企業まで幅広くご利用頂けます。

"優秀な人材に相応しい 優秀なソフトウェア"

1200万 +
月間ユーザ

44,000 +
アプリ

5,000 +
パートナー

140
展開国

TallyPrime

TallyPrimeは、会計のための複数の機能を提供する機能、管理、および内蔵のカスタマイズを掛け合わせています。会計、請求書発行、レポート、在庫管理など、あらゆるビジネスニーズを満たすことができます;


TallyPrimeでは99,999社までの企業記録を作成・管理することができます。シルバーレンタル、シルバー、ゴールドレンタル、ゴールドプランが、エディション&PCに基づいてTallyPrimeによって提供されています。企業のニーズを満たすため、単一の使用Tally softwareとマルチユーザTally softwareが市場で入手可能です。

"スマートツールの機能で成功を手に "

7 00万 +
月間ユーザ

700 +
アプリ

28,000 +
パートナー

インドのみ

機能比較

一般会計

Odoo

TallyPrime

一般的範囲

複数通貨

複数支社


複数ユーザ

複数仕訳帳



多言語サポート



サポート国

140

6

発生主義と現金主義



リアルタイム会計



アクセス権

スクリーンごとアクセス権


フィールドごとアクセス権


承認ステップのカスタマイズ

サードパーティ統合

API



スプレッドシート統合

インポート: Excel 又は CSV



エクスポート: Excel又はCSV


顧客ポータル



顧客/仕入先コミュニケーション

Eメール


ワンウェイ

Whatsapp


ワンウェイ

内部コミュニケーション

Eメール



チャット



ビデオコンフェランス



売掛金勘定

Odoo

TallyPrime

顧客請求書

見積送状


複数税明細



値引


価格表


前払条件


現金値引



未消込支払消込


設定可能なEメールテンプレート



請求書の電子署名


顧客クレジット限度


AI

リアルタイム会計


OCR 請求書



自動消込


勘定科目予測AI


請求書送付

PDF請求書の生成


Eメールでの請求書一括送信


WhatsApp送信



郵送による請求書送付



顧客明細書

売掛金年齢表残高



顧客明細別



Eメールフォローアップ自動化



フォローアップレター自動化



フォローアップ活動の自動化



未払料金および違約金


サードパーティ支払回収


オンライン決済

クレジットカード



PayPal



UPI



定期収入

定期請求書の自動化



契約/サブスクリプション管理



定期ビジネスKPI(MRR、解約率)



契約書更新警告



その他

売上原価勘定仕訳の自動化



繰延収益の自動化



販売オーダ未収金



買掛金勘定

Odoo

TallyPrime

取引先請求書

請求書管理(購買オーダ/入荷)



入荷請求差異照合



複数税明細



購買契約



複数ステップ決済条件



サイドバイサイドビュー: PDF/フォーム



経費

モバイルアプリ



検証処理



従業員払戻



AI

仕入先請求書のスキャン



経費領収書のスキャン



取引先支払

買掛金年齢表レポート


小切手印刷


電信送金の自動化(SEPA)



ACH 送金



経費

従業員経費レポート


経費承認フロー


損金不算入費用


その他

資産管理


購買未払金


銀行及び現金

Odoo

TallyPrime

銀行取引明細

銀行インターフェイス


インターフェイスのインポート: SEPA


明細インポート: OFX, QIF


明細インポート:CSV


明細インポート: Camt.053


デポジットチケット


その他

銀行消込レポート


通貨レート自動化


為替差損益の自動化


SDD委任


その他操作

Odoo

TallyPrime

インドローカライゼーション

GST 入力


TDS



電子請求



eWaybill



UPI



監査



複数支社



仕訳

自動送金



会社間取引



先の自動投稿



仕訳項目カットオフ



ドキュメント管理

ドキュメント管理

ドキュメント検索エンジン

複数請求書の自動分割

顧客ポータル

Eメールによる収集

スキャンによる収集

ポータルからのアップロード

分析会計 / コストセンター

分析会計

複数レベル分析勘定

複数計画

自動提案

その他

Odoo

TallyPrime

分析会計 / グループ化

分析 / 原価会計

複数レベル分析会計

複数計画

仕訳ごとのオプションタグ

予算

予算概要

分析予算

給与

給与

評価

標準価格

平均価格

FIFO

LIFO

継続評価

契約書電子署名

複数会社連結

レポート作成

Odoo

TallyPrime

法的記載事項

損益

貸借対照表

キャッシュフロー明細書

総勘定元帳

税レポート

税務監査レポート

銀行消込

売掛金年齢表

買掛金年齢表

エグゼクティブサマリー

レポート

複数次元のピボット・テーブル

ダッシュボードのカスタマイズ

スプレッドシート

レポート注釈


KPIのカスタマイズ


評価分析

定義済年度決算


使いやすさ、価格&条件

Odoo

TallyPrime

UI

Full Webインターフェイス


モバイルアプリ


Androidアプリ


iPhoneアプリ


生産性ツール

一括編集


リスト内グループ化


スクリーンデザイナー


マーケットプレイス

アプリストア / 追加


主観的評価

ナビゲーション

9/10

6/10

検索

10/10

4/10

ショートカット

9/10

9/10

データ入力

8/10

8/10

消込ツール

10/10 ​

7/10

モバイルアプリ

10/10 ​

1/10

レポートカスタム

9/10

5/10

価格と条件

価格

永久無料

₹7,200 /年 - 
₹21,600 /年

契約期間

月次 & 年次

月払&無期限

フリートライアル

15日間

7日間

無料アップデート



ホスティングと整備



サポート



ニーズに応じたソリューション

ビジネスで成功するには、非効率なプロセスを合理化することが重要です。そのためには、適切なソフトウェアを選ばなければなりません。それにあたり、特徴、機能性、ワークフローなど、特定のパラメータを分析する必要があります。

Business scopeビジネススコープでは、ソフトウェアの機能、仕様、使いやすさ、カスタマイズ能力、他のツールとの統合などを評価し、ビジネスの成長につなげます;

使いやすさは、ソフトウェアがいかに使いやすく、直感的に使用できるか、また、ニーズに合わせてビジネスに適応できるかどうかを評価するものです。そのソフトウェアが、理解するのに必要な最小限の努力で、アップデートと合わせ、インストールするのがいかに簡単であるかを評価します。それはまた、業界標準に準拠し、結局は、効率的である必要があります。

OdooTallyPrimeは、会計の世界に画期的なソフトウェアソリューションをもたらしました。これらのソフトウェアは、ビジネスの財務の正確性と可視性を向上させ、全てのビジネスアプリケーションを一箇所に統合し、生産性を向上させることで、貴重な時間をより重要なタスクに費やすことができます。

Odooは、会計業務に必要な全てのツールを一ヶ所に集約した、堅牢なオールインワンビジネス管理ソフトウェアの一つです。高度にカスタマイズ可能で、複数のアプリケーションを統合し、オープンソースの特性により、ビジネスを加速させます!そのオープンソースの特性により、コミュニティから提供されたアプリケーションの膨大なレポジトリをもたらすコミュニティを活性化します。Odooは請求書管理のための最高のソリューション・プロバイダーです。

TallyPrimeは完璧に使いやすく、多機能で拡張性があります。会計、プロジェクト、在庫、請求書機能、その他多くのソリューションを提供します。さらに、税金の計算とコンプライアンスを合理化します。しかし、販売、マーケティング、人事など、ビジネスの他の領域では制限があります。そのカスタマイズも限られています。 会計にのみ限定され、販売、マーケティング、人事などの他のビジネス領域をカバーしていません。

Odooは一流のモジュラーアーキテクチャを提供し、継続的な開発と適応性を促進します。企業はニーズに合ったアプリケーションを柔軟に使用することができます。Odooは非常にユーザーフレンドリーなユーザーインターフェイスを持ち、分かりやすいナビゲーションを提供し、本質的に包括的なソリューションです。

一方、TallyPrimeは適応性が低く、学習曲線が長いため、ビジネスオーナーは、それらを理解し、実装するのは難しいと感じるかもしれません。TallyPrimeのカスタマイズは限定的で、そのサポートシステムはまだ遅れをとっており、セキュリティが大きな課題となっています。 

結論

TallyPrimeは2020年当時、インド市場の会計ソフトウェアのリーダーでした。現在もインドで使用されており、強力なユーザーベースを持っています。TallyPrimeは優れた機能を提供しているが、ほとんどの顧客がクラウドベースのソリューションを期待しているため、ユーザーインターフェイスが古くなっています。

Odooは、ユーザビリティと機能の網羅性において常に世界をリードする製品であり、この2つの価値観において他の会計ソフトを何年もリードしてきました。しかし、Odooのインドでのローカライゼーションが完全に成熟したのは2023年のことです。現在では、すべてのインド機能(GST申告、マルチブランチ、TDS、UPI、e Waybill、e-Invoicingなど)を備えたTallyPrimeと同等になっています。

Odooはインドの会計ソフトの中で最も完成度が高く、ユーザーフレンドリーなソフトウェアとなりました。まだ始まったばかりなので、ユーザーベースはまだ小規模ですが、製品は低価格かつ有能(OdooオンラインではOdoo会計は無料)です。