分かりやすくて速い

複式記入在庫管理

Odoo独特な複式在庫管理システムで、供給元から顧客までの在庫移動を完全に追跡できます。 失うことはく、全てが移動されただけです。

モバイル

バーコードスキャナーを使って、商品を倉庫にスキャンします。ダッシュボードを管理し、何処からでも注文を追跡できます。

記入済み取引を修正

新規ロック・アンロックボタンを使って、記入済みのあらゆる取引(ピッキング、製造指示)を修正します。

現代的なユーザーインターフェース

現代在庫管理システムのために設計された応答性の高いユーザーインターフェース。 バーコードスキャナーをお使いの方もそうでない方も、より多くの仕事を楽にこなせます。

高い柔軟性

機能を必要に応じて起動し、単独の在庫場所または複数の倉庫を持つ複雑な環境を簡単に管理できます。


基本運営

注文配送

注文品を梱包し、バーコードスキャナーを使って、あるいは使わずに配送を行います。Odooは在庫状況に基づいて配送指示書を用意します。

在庫調整

ゾーン、特定製品、ロット、またはパレット・箱の棚卸をします;Odooが循環棚卸の準備を行います。

複数場所

ゾーン、列、棚等、階層式で倉庫を構成しましょう。

製造と修理

追加アプリを使って製造指示や修理指示等を管理します。

受領

供給元からの発注商品を管理し、注文と比較します。

梱包

ワンクリックで商品を梱包し、注文品追跡のため配送品にバーコードをつけます。

商品を廃止

数クリックで商品を廃止:費用、理由、量など、廃止に関するわかりやすい報告を取得します。

在庫の移転

簡単な転送インターフェースを使って商品を一つの場所から別へ移転します。


ルーティング詳細設定

ドロップシッピング

商品、注文、お客様に応じて、供給元から直接お客様のところに配送します。

クロスドッキング

品物を荷降ろしをして、途中で何処かに保管することなく、出荷用ゲートに直接移送します。

撤収・除去戦略

在庫搬入・搬出の戦略を独自に定義します: FIFO、至近な格納可能ゾーン、LIFOなど。

ピッキング - 梱包 - 発送

自分の注文過程フローをデザインします。ワンステップ(配送指示)、もしくは数ステップ:集荷、梱包、発送で、お客様への配送を行います。

プッシュ・プル戦略

独自の商品移動ルートを設計し、倉庫や場所間の移動指示を自動化します。

複数倉庫

同じシステムで全倉庫を管理し、倉庫間の再補充ルールを設定します。


生産性

バーコードスキャナー

統一された便利なインターフェイス。バーコードスキャナーを使って、在庫品、発注品など、あらゆる在庫管理運営をします。スキャナーだけで(キーボード不要)、商品をスキャンして受領を確認、または送り出します。EAN13、EAN14に対応しています。

お客様向けポータル

お客様はポータルから注文、請求書、配送状況など、注文状況を追跡することができます。

カスタム通知

商品や供給元に関する通知を設定し、販売担当者が見積書を作成すると、通知を受けられます。

スマートスケジューラ

Odooのスケジューラは商品の在庫状況と注文の予測に基づいて、すべてのオペレーションを自動的に開始します。

強力な検索

書類を検索して簡単な処理を行います。バーコードをスキャンするか、お客様や商品などの条件で絞り込みます。


再補充

最低在庫

将来の在庫予測に基づいて、Odooが発注書案(または見積依頼案)を作成します。

見積依頼書

特定商品を購買するたびに供給元と価格交渉をしたいですか? Odooなら将来の需要に基づいて、自動的に見積依頼をします。

受注生産

原材料を購買、または受注品を製作します。倉庫、商品、注文などに合わせた固有のルートを定義します。


トレーサビリティー

活動記録

あとで追跡できるため、すべてのオペレーション履歴(ピッキング、配送指示、品質管理)がドキュメントに添付します。

シリアル番号追跡

バーコードやシリアル番号で製造ロットを追跡します。追跡必要な処理(配送指示、受領、社内移転など)を設定し、選択します。

継続在庫評価

在庫評価を即に会計ソフトに記帳し、貸借対照表にリアルタイムかつ正確的に反映されます。


商品

商品種類

Odooは物理的な商品、消耗品、サービス、電子商品など、性質が異なる複数種類の商品に対応しています。

カスタムフィールド

業務のニーズに対処するため、商品に好きなだけカスタムフィールドを追加します。

有効期限

商品の有効期限を追跡します。

複数の計測単位

Odooは複数の計測単位に対応しています:トン単位で買ったものをキログラム単位で売るなど、単位を自動的に変換できます。

複数のバーコード

特定プロモーションなど、お客様に欲しがる行動を実現させるため、コードを入れたカスタムバーコードを作成します。


在庫評価

原価計算

Odoo WMSはFIFO、平均原価法(AVCO)と標準原価法などの原価計算法に対応しています。

ランディッドコスト

商品コストにランディッドコストを入れて、より正しい在庫評価を算出できます。

在庫評価方法

欧州大陸またはアングロサクソン会計法を使用します(販売された商品のコスト記録用)。

継続在庫評価

製品毎に継続的(リアルタイムかつ自動的に)、または定期的な在庫評価方法を設定します。


報告ツール

ダッシュボード

設定済みのダッシュボードを使用してまたは高度な報告エンジンで、自分のダッシュボードを作成します。チームとフィルターを共有できます。

在庫予測

確認済みの受注書、発注書、製造指示書や社内在庫移動などに基づいて、商品の在庫状況に関する予測を取得します。