わかりやすくて速い

現代的なユーザーインターフェース

現代在庫管理システム用にデザインされた応答性の高いユーザーインターフェース。 バーコードスキャナーをお使いの方もそうでない方も、より多くの仕事を楽にこなせます。

ベンダーから請求書

発注書、ベンダー請求書、領収書上の情報を比較し、正しい決済をします(三方マッチング)。

入札

入札を行って、ベンダーの回答を統合し、提案を比較しましょう。申し出の選択も、発注書の送信も簡単に行うことができます。そして、報告機能を使ってベンダーの品質を分析しましょう。

包括購買契約

特定期間にわたって同一供給元から継続的に交渉した価格で商品を購買します。



見積依頼

供給元用見積依頼書を作成

毎供給元に製品の見積依頼を送信するよう設定します。

依頼書を郵送またはメールで送信

アプリから直接RFQをメール送信するか、印刷したものを郵送する作業をすべてワンクリックで行います。

複数品物にオファーを取得

複数製品に見積依頼を同時に送信します。

好みに合わせるメッセージ

各見積依頼メールに供給元へのカスタムメッセージを追加します。

過程自動化

在庫水準に基づいてRFQを供給元へ自動送信するルールを設定し、時間を節約します。

グッリドレイアウトで商品仕様を入力 v13

発注書にグリッドまたはマトリクスレイアウトで商品仕様を入力して、商品の全仕様組み合わせを表示します(サイズ、色など)。


発注管理

見積依頼と発注の管理

見積と発注の状況、注文数量、予定配送日を追跡します。発注書草案を作成する必要はありません。請求書草案を作成時に自動的に完成されます。

入荷管理

在庫を追跡し、受け取る商品数と置く場所を決めます。

自動発注

在庫水準、場所または供給元ごとの最低限在庫量、販売量などのパラメータに基づいて、必要な品物を自動的に調達ルールを設定します。


請求書管理

草案作成

後で簡単に変更やキャンセル可能な請求書の草案を作成します。

今後の注文の管理

将来の日付で作成された注文の記録を追跡します。

社内在庫移動

所有する場所間で在庫の動きを管理します。


商品

商品を作成

販売価格、種類、バーコード、参照を設定し、類似の商品との間で区別しやすくします。

供給元の参照情報を追加

商品に供給元に使われてる参照情報を追加して、商品処理を楽にします。

製品バリエーションを追加

わかりやすい製品リストのため、製品の色、メモリ容量等のバリエーションを追加します。

調達ルールを設定

全て供給元の情報を付加し、優先度順に並べて、次回の注文時の時間節約のため配達時間と最低購入数を記録します。

理想的な検索フィルター

発注書上の供給元参照情報で製品を検索します。

計測単位

製品を複数の計測単位で購買し、Odooに単位変換を任せましょう。

在庫の確認

入荷と在庫状況を追跡します。

保管場所を指定

倉庫内、製品の正確な位置を設定します。

販売条件を作成

保証期間を設定し、顧客と製造業者のリードタイムを指定します。

POSとサイト仕様を追加

POSやサイトに製品の仕様を追加します。

会計ルール含む

会計カテゴリを指定して、顧客と供給元の口座、税金関連情報を設定します。


分析 & 予測

ダッシュボード

設定済みのダッシュボードを使用、または高度な報告エンジンで独自のダッシュボードを作成します。チームとフィルターを共有します。

在庫予測

確認済みの受注書、発注書、製造指示書や社内在庫移動などに基づいて、商品の在庫状況に関する予測を取得します。


複数会社ルール

会社間の自動調整

グループ会社間の処理に費やしていた膨大な時間と労力を節約します。取引はすべてのモジュールで自動的に反映されます、たとえば多会社間の共有設定により受注書と発注書が自動的に相互反映されます。

単一のOdoo環境で複数の会社を一元化

単一のOdoo環境で複数の会社を管理します。